磯野さんち

ifune.exblog.jp
ブログトップ

支え、支えられて。

  先月に息子の受験を終えました。

  もっと早い段階で、お礼を伝えたかったのですが、

  長い苦しい闘いを強いられ、後から々出てくる新たな感情の整理もつかず、

  その分、一緒に頑張ってきた関東のお友達が闘っている最中にも書けずにいました。


  でも、今日、吉報が届き、

  受験を終えた今をかみしめています。

  みんな、本当によく頑張ってくれました!  

  それぞれの道に、花が咲き誇ってくれますように・・・。



  あれから、確かに時間だけは過ぎていますが、まだそこで立ち止まっているような錯覚さえあります。

   

  でも、もう、歩きださなきゃね。



  そう思って、複雑な心境もまとめず記していきたいと思っています。


  


  

  第一志望校考査日一日目


  良い風が吹いていたと思います。緊張することなく考査会場へと入っていた息子が・・・


  戻ってきたときには、朝の表情とは違い、珍しく弱音を吐きだしていました。

  大丈夫よ、

  的確な言葉をいくら探しても見つからず、自分への暗示も含めて、大丈夫、を繰り返すばかり

  の私に、ハッとしたのか、

  「だいじょうぶ!明日に立て直すから」

  無理に笑ってみせる息子に私も笑って返すのが精いっぱいでした。


  この日も塾に行き、十分疲れているはずなのに、

  少しだけ居残りさせて、と、私に連絡をしてから、自ら個別塾へと出向いていたことは

  後になって知りました。

  第一志望校二日目。

  メイン塾の集まりに入る前に、個別の先生がいてくださいました。

  前日の不安をぶつけにいった息子に、実際に問題を解いてみての手法説明や、

  感想などを息子に聞かせてくれています。そして、集団講義を受けている間に、
  
  私への状況説明もしてくださいました。

  僅かな時間の為に、まだ暗い朝にずっと待っていてくれた先生からは、

  冷たい空気の匂いとひんやりした冷感をみてとれたほどです。

  この日を迎えるにあたって、私たちはどれだけの人に温情をかけていただいてきたのか、

  改めて考えさせられた時間となりました。


  暗がりだった朝も明るくなり、

  最終日の考査会場へと入る時がきました。

  ほんの少しの道程が息子を送り出す道です・・・。


  でも、半分の道程はリラックスした塾ともに囲まれ、半分は先生にガッツリ肩を抱えられて

  激励を受け、私が直接、声をかけてやれる瞬間はありませんでした。


  それでも背中だけでもみて送ってやりたいと靴を脱いでいるその時に、

  待っていてくれた息子が私の顔を覗き込んで、笑顔と一緒に無言で手をとり、

  握っていきました。。。


  言葉はなかったけど、


  頑張ってくるよ!立て直してくるよ!

  と、いってくれているのは十分伝わって、息子が闘っている最中には絶対に泣かない、

  と決めていたのに、もう、そこでは堪え切れませんでした。

  大きくなったね、 逞しくなったね。





  「やるだけのことはやってきた」




  第一志望校考査終了。


  翌日の第二志望校に備え、ホテル泊日です。


  前日特訓は息子が入塾テストを受け通い続けた校舎で行われました。

  翌日、合格となればこれが最後の塾日・・・。


  最後やからちょっと早めにいって勉強してくるかぁ~


  と、早々に出向いた息子、ホテルに戻ってからも深夜まで勉強した息子、

  当日朝になっても勉強する息子に、


  体調のことばかりが気になり、

  ほんとうのところ、もっと大切なところを見落としていたことが

  誇りに思う反面、自己の戒めとしてずっと居座り続けています。



  第二志望校は、


  秋までのあのコースカリキュラムが功を奏したようで、

  求められたスピードにも負けず、

  自信を持って終えてきました。





  そしていよいよ、第一志望校の合格発表となりました。


  門が開かれたと同時に掲示板前に行った息子が、


  まだ靴を脱いでいる最中の私に向かって、

  「なかった」


  と、いってきたのは、ほんの数秒間です。


  なかった、その言葉を信じれず、

  私も掲示板を確認しましたが、ない、、、

  もしかして成績順では(そんなことは絶対にありえません)

  と、下からみてもないのです。

  不合格を確認して徐々に周りが見えてきました。

  息子の顔、その姿。


  私を挟んで隣に立っていた、腕組しながら満面の笑みをみせていた我が塾講師。

  
  柱に寄りかかって泣いている母親に謝り続ける少年。

  私にとっては地獄絵図でした。



  不合格者には成績を伝えてもらえます。


  一日目、不安に押しつぶされていましたが、合格者平均は僅かに上回っていました。

  「不安なんです。」 この腕組み講師に打ち明けていたのに、

  「そんなん、今までも満点なんてあり得へんかったやろ~」

  とだけ言ってのけた講師に、実力相当な不合格をどうにかしろ、とは言わない、

  でも、もう少し真摯に受け止めてほしかった。。。

  



  翌日は、、、合格を勝ち取るまでは絶対に逃げるな!必ず合格してから、や、!

  と、同じ塾講師である先生に説得され、3校目も受験となりました。

  リビングで泣いていた息子に気づかない振りをした朝・・・。

  渋滞に巻き込まれ、駐車場のリサーチ不足で息子だけを降ろすなんて、

  バタバタな受験会場入りになってしまいましたが、

  塾ののぼり旗を大きく大きく降ってくれた先生に、よう来たな!と熱く出迎えてくれた先生も

  いてくださったのも事実です。




  息子の受験はこの3校にて終わり、合格のないこの不安な夜は、

  夫が用意してくれていた地元の温泉にて久々の再会を果たし、

  3人で寄り添って疲れをとりました。


  (実家の母が号泣するので娘にも母にも内緒で)


  

  翌朝地元を出て、3校目の合格発表をみにいきました。


  「あったよ」


  次に第二志望校へ、


  行き交う人の涙に怖さを覚えて歩いていたらいつの間にか掲示板前広場です。


  皆の向かっている方向に目をやった瞬間、


  今度ははっきりと息子の番号をみつけることが出来ました。


  「あったよ、あったよ、あった。」


  探しだす、ということもなく、飛びこんできてくれたこの番号に感謝しています。



  最近になって息子から聞き出したことですが、、、


  第一志望校は、やるだけはやった、といったものの、

  手応えがなかったらしく、

  第二だけは何が何でも、と いう思いで挑んだようです。


  「辛かったやろ、よく頑張ったな」


  という私に、背中を向けた息子から・・・苦しい闘いではありましたが、


  貫き通したその姿にいろんなことを教えてもらいました。





  第一志望校考査日にて初めてみた実験室に感動し、

  目を輝かせて説明してくれたあの顔、


  「だってな、化学については日本一の授業やでぇ~」



  行かせてやりたかったな。。。


  


  


  受験日を迎えられたことも、終えたことも、

  励ましがあってのことと確信しています。 それだけでも勿体ない話しなのに、

  「おめでとう」がなかなか言えなくて、そう思えなかった私に、

  「おめでとう」だよ・・・まで教えてもらいました。本当に本当にありがとうございました。

  

  



  



  
[PR]
# by ifune | 2012-02-07 05:01 | カツオ編

好スタート。

  関西統一日まであとわずか・・・

  大晦日も除夜の鐘もきかず22時半に就寝し、

  元旦より始まる最後のプレテストに備えました。

  結果・・・最後の最後に「算数」の女神がほほ笑み算数総合1位ゲット♪

  国語、理科も安定しA判定で冠テストを終えました。

  お守りをもらったかのように、、、

  意気揚々としてパドックにいる馬の状態なカツオです。


  

  久しぶりのブログで、書きたいことは山のようにあるのに

  整理が出来ず混乱しますこと、、、お許しください((+_+))

  

  受験校について・・・第一志望校が揺らぎましたからね~~~~

  もうここさえ決まれば後はそんなに・・・なんて、甘すぎました。

  本命校の後にどこをもってくるか、、、

  通学距離、時間、校風、進学率、

  こちらが思い描く学校と本人の行きたい学校となかなか折り合わず、

  カツオは意外にプライドが高く(男子は特にそうですよ・・・と言われてはいましたが)

  時間やらは考えに入っていません。一に進学率、クラブの充実やらがあって校風です。


  結局、一番冷静に判断してくれているのは塾ではないか、ということで

  塾の推奨パターン通りに願書を提出となって

  前受け2校含め、7校に願書提出となりました。

  そのうち前受け2校は先日の連休に行われ・・・


  特に緊張している様子もなく、普段と変わったことといえば、

  行きの道中ずっと起きていた、(いつもは車に乗ったら直ぐに爆睡しますーー;)

  ぐらいでした。

  当日ミニ講義も行われ、朝から気合入りまくりの先生方のゲキを耳にしながら

  保護者控え室で待機していると、

  ゲキを飛ばしていた先生とは思えないほどの優しい声で

  「しばらくしましたら、子供たちを受験会場へと降ろします。
  お父様、お母さまはそれより先に階下に降りていただき温かいお心で受験生を
  送り出してください」


  子供たちには今は理解できないかもしれない、信じられないだろうけど

  厳しさの隣合わせにある優しさに気付いてほしい・・・デス。


  花道を作って、我が子をみたとき、、、

  いつの間にかリュックより背中が大きくなっていて、

  ヤバイ、ヤバイと思いながらも瞬きが出来ない程、目の中には大きな水溜まりが出来てしまいました。

  初めて塾にいった2年生2月、6時間授業に頭が痛い、割れるといって泣いたよね。

  リュックが重くて大きくて不自然な姿勢で歩いていたよね。

  点数に笑って喜んで、叱られてぶち切られて泣いて、

  電車の中での寝過ごしで誰もいない駅構内で寝ていたこともあったし、

  無人駅の前でひたすら立って待っていたこともあったよね、、、

  傘の上の沢山の雪をみたときには、胸がしめつけられたよ。。。

  よくここまで頑張ってくれました。

  後ひと踏ん張り・・・

  頑張った日々が報われますように・・・。


  

  試験を終えて帰ってきたカツオに

  気持ちよく

  「お疲れ様」 と 初戦を労うつもりでしたが、

  マスク着用もしていない(怒) 

  ヘラヘラしているのでやっぱりいつも通りの苦言で迎えることになってしまいました。

  で、どうやった?

  感想をきくと、

  「会場が広くてびっくりした」

  --!!

  

  相変わらずではありますが、


  初戦、函ラ・サ、愛光、

  共に合格突破となりました。


  スタートを切ったカツオに負けず応援していきたいと思っています。


  

  
[PR]
# by ifune | 2012-01-12 01:21 | カツオ編

2012

  あけましておめでとうございます。

  2011・・・私的な喜びさえもどこか躊躇してしまうような、、、

  悲しいことが多くありました。 今も決して過去形でなく苦しんでおられる方も・・・

  少しずつ、少しずつでもいい。

  癒される時間が増えていくような2012であってほしいと願っています。

  本年もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by ifune | 2012-01-12 01:12 | フネ編

親の悩みもその時々・・・。

  久しぶりの夫婦だけの時間に、

  *とよなか桜会

  
b0220555_1212374.jpg


  淡泊な鱸の棒寿司に、寿司飯にはとびっ子でアクセントがついてます。

  
b0220555_1285772.jpg


  
b0220555_1292127.jpg


  程良い脂の寒ブリはホイップ状のお醤油で♪


  
b0220555_132667.jpg


  
b0220555_134522.jpg


  見た目普通の天ぷらですが、、、(波平は何故に竹輪天?と思ったらしいです)

  
b0220555_1382252.jpg


  
b0220555_1391280.jpg

  
  椀ものに冬瓜の生姜ムース仕立て。

  鮭ときのこの釜めしに続きましたが、食べきれそうもなかったのでお断りしたところ、

  おにぎりにして持たせてくれました。 

  お部屋がメインのようでしたが、今更コソコソヒソヒソ話すこともない間柄ーー。

  カウンターを希望しましたが、こちらのお店はお部屋がよさそうです。(断トツ)

  ま、職人さんの華麗なる手さばきをみれたので、それはそれで良いか・・・。


  2012年ミシュランガイドでは☆☆格上げされていました!


  親の悩み・・・一難去って・・・って一難も去る前に、、、

  
  来月中旬過ぎには基本的な生活スタイルの見直し、調整に入っていきます。

  夜型勉強から少しずつ朝方に・・・。

  と、すると、

  今がまさしくラストスパート。

  塾で、家庭の中で、追い立てられている受験生たち。。。

  過酷な中に持って行き場のないジレンマとの闘い。

  健全に消化出来る子もいれば、出来ない子もいるようです。

  巻き込まれないように、、、願うばかりですが、

  その後様子を聞いてみると、


  「友達から聞いてんけど、アイツ・・・性交渉の経験もあるらしいわ」


  それが事実でもびっくりしますが、、、吐きそうになりますが、

  息子からそんな言葉をきくなんて、



  ショックでした・・・。

 
[PR]
# by ifune | 2011-11-16 02:38 | フネ編

祝!10歳。

  ワカメちゃん、、、

  10歳になりました♪

  レディーには程遠く、何だか最近逞しさに磨きがかかってきたけれど、

  いつまでも小さいお子ちゃまのようなワカメちゃんです^^


  今年も家族そろってお祝いの会を過ごせました^^

  まずは食通な大学時代の先輩からのオススメで、

  多分、めっちゃ、、、

  ローカルな、、、阪急小林駅近くの

  *竹見*


  ふぐ三昧です。

  
b0220555_18242399.jpg
b0220555_18244835.jpg
b0220555_1825985.jpg



先輩一押し!↑サラダ♪

  写真ではうまく伝えきれませんが、白菜の甘みとふぐの身が奏でるハーモニー♪

  白菜も幸せってもんです^^


  そしてお次は

  
b0220555_18344228.jpg


  辛くて食べれない・・・(子供と一緒なので辛さは調整してくれています)

  という子供達に、何故だか幸せを感じつつ、

  ジュージュー焼きふぐ堪能しました。

  
b0220555_18371443.jpg



   
b0220555_18374014.jpg


   
b0220555_18381322.jpg


   
b0220555_18384733.jpg



  誕生会というより、、、

  ふぐの会になってしまいました(笑)

  でも、皆揃っての会は、やっぱり幸せにしてくれます♪


  そして、、、


  この幸せ感に酔いしれて

  ビバ!寿司屋へ・・・


  色んなものに挑戦する(食べ物だけはーー;)ワカメちゃんは、

  最近、ヒカリものを特に好んで食べています。

  脂が好きなので、トロも欠かさず、、、

  一方カツオは、、、

  白身をようやく覚え、脂を極端に嫌がるようになりました。

  そして波平と私は、、、

  細々とした注文になってきました(笑)


  
b0220555_18514446.jpg
b0220555_1852775.jpg


  こういう注文の時は、

  特に仲良く食べあっているカツオとワカメです。

  
b0220555_18531622.jpg


  波平と私も仲良くお汁をいただきましたとさ。。。


  ワカメちゃん・・・

  ちょっと空気を読めないところもあるけれど、、、

  皆を明るくしてくれるよね。

  我が家の異端児・・・叱りながらも、魅力でもあるところは、

  らしさで貫いていきなさいとちょっぴり思っているママです。


  
b0220555_191168.jpg


  お誕生日おめでとう♪

  

  


  
  

  
[PR]
# by ifune | 2011-11-04 18:25 | ワカメ編